『どうしよう?』より『こうしよう!』で悩んでみませんか?

こどもはり師・鍼灸師として、小さいお子様から子育てがひと段落した方まで施術に来られます。いろんな方の話聞いていて、『子育てそんなにしんどくなかったな』と言う意見もあります。

子育て=しんどい・大変

そんなイメージですが、そうではない意見もあったりして面白いなと思います。

『どうしよう?』ではなく、『こうしよう!』で悩んでみませんか?

子育ても仕事も上手くいかない事や、思い通りにならない事の繰り返しです。そんな時に、『どうしたらいいんだろ?』『どうしてできないの?』『どうしてちゃんとしないの?』なんて思う事もあると思います。

そんな時は、『次はこうしてみよう!』『こうしてみたらいいんじゃないかな?』いう声かけにしてみてはどうでしょうか?そうすると、言われた方も失敗ではなくてチャレンジした結果であって、次の方法はできるかも。。と次に繋がるし、経験や体験を1つ積み重ねた事になります。

そして、その方がママも気持ちがしんどくならないように思います。『~しなさい!』の気持ちは自分(親)に主導権がありますが、『~してみたら?』と言うと相手(子供)に主導権があります。

子供には、『言われたからやった、やらなかった』ではなく、『こうしようと思ったからやった、やらなかった』と自分で考えるようになって欲しい。

大人も子供も、誰かが言ったからとか、人の意見で動いていると人のせいにしたり、不平・不満がでてしまいます。自分がすると決めた事は失敗も成功もすべて自分の経験になるように思います。そんな経験も子供の時から積み重ねて欲しいと考えております。

親から離れて自立していくその日まで、出来るだけたくさんの経験を積んで社会で悩みながらも思いきり楽しんで欲しい。その為にコツコツと声かけをしていきたいと思う日々です。声かけは何歳からとかではなく、まだ言葉も話せない0歳児から始まっているように思います。I(私)メッセージでいいので、たくさんお話してあげて下さいね!

同じ悩みでも自分の心持ちで違って見てたりします。今ある悩みを『プラス言葉』に変換してみる事で肩の力を抜いてみませんか?

もし、自分ではできないよ!どうしたらいいの?と思った時は、聞いてみるのもいいと思います。そんな考えもあるのか!と発見したりして楽しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です