「いいかげん」くらいが「よい加減」

4月になって、入学・入園など新生活が始まる方も多いと思います。

先日も小学校入学式前にこどもはりに久しぶりに連れて来られました。幼稚園の時に、何か行事事がある前に熱を出したり緊張しすぎてしまうんです。。との事でした。

■こどもはり(小児はり)・・・専用の器具を使って、ツボをさすったりして子供の体と心を健康にします。(夜泣き・便秘・イライラなど)

私の子供は今年6年生になりますが1年生だった頃の事はよく覚えております。親も肩に力が入っていたなとお話を聞きながら共感しておりました。「できない」ではなく「できていない」だけで、その後1年ごとに大きく成長していく姿は頼もしく覚えました。その時ごとの成長を悩んだり楽しんだりしながらお互いに成長できたらと思っております。

大人も子供も新しい環境は慣れるまでは緊張したりしてしまいます。緊張する事は悪い事ではなくて、期待や不安が大きいということ。少し肩の力を抜いていけたらいいですね!

何事も「いいかげん」くらいが「良い加減」。そう思う方がうまくいくことも多いのかもしれません。この歳になったんだからこれくらいはできないと!などついマニュアルに当てはめたくなりますが、正解なんてありません。失敗もありません。自分がどんな選択をするかという事ですが、そのための知恵は必要かなと思います。なので、1人で考えずにそんな知恵を共有したり共感できる場所があればいいなと思います。

こどもはりで来られていた子供達がたくさん1年生になりました!入学式の後に来て頂いた親子もおられて、なんとも嬉しい気持ちになりました。これからの新生活がママや子供にとってわくわくする日々でありますように!

20170417-214357.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です