小児はり

小児はりって何?

こどもの体は未発達で、ほんのわずかなストレスにも過敏に反応します。 また、成長ホルモンの分泌による自律神経失調症などの小児神経症は 昔から疳の虫と言われてきました。 こどもの体に触れるだけで、こどもの脳から安らぎを与えてくれるホルモンが 活発に出て、安心して成長することができます。 (だから、抱きしめてあげるだけでもこどもは元気になります) このホルモンは寝ている間にたくさん分泌され、 免疫力・精神力・筋力アップにも繋がります。 体には300以上のツボ(=内臓の反射点)があります。 それぞれが脳や内臓につながっているので、ツボを刺激することは、 脳や内臓の働きを助けます。 このツボを刺激していくのが小児はりです。

刺すはりは使わないのでまったく痛くありません。

はりといっても先のとがったものではなく専用の道具でツボに触れたりなでたりします。 副作用はありませんので安心して受けていただけます。

どんな症状に効果があるの?

の虫・夜泣き・キーキー声を出す・人に噛みつく・所かまわず頭をぶつける・便秘・ 食欲がない・下痢・ひきつけ・夜尿症・ぜんそく・中耳炎・チック症・吃音・爪をかむ・・・etc

かかる時間は?

5~10分(初診時はお母さんと問診がありますので、30分ほどかかります)

料金は?

一回800です。(自費)  ※初回のみ初診料として1500円(再診は1000円) 

こどものサインでてないですか?

眉毛の間やこめかみのあたりに血管が浮き出ていたり、 うっすら青みがかっていませんか? これはこどものイライラやストレスのサインです。 何かわからない事があればなんでもご相談ください!
お子様の夜泣き・おねしょ・かんむし・アトピーなどに
小児鍼とは、0歳児から小学生くらいまでの子供のための鍼灸治療です。 はりといっても、身体に刺すような鍼ではなくて皮膚を優しくさすったり・なでたりする優しい治療法です。 ☆赤ちゃんは、自分の意思を言葉で伝えることが出来ないので、お腹がすいた時・おしめを取り替えて欲しい時・眠い時・痛い時等はそれを知らせる為に泣きます。しかし思ったことが伝わらない、言葉を十分に伝えられないことがストレスとなり、おねしょ・夜泣き・かんむしなどの症状として現れることがあります。 小児鍼を施すことで皮膚を刺激し身体の緊張をとり、リラックスさせることによって神経のバランスが整って症状が緩和されていきます。

当院は子育てママ、働くママを応援しています小さなお子様が一緒に来院されても治療の受けやすい環境を作ろうとスタッフ一同、日々努力しています。これからもよろしくお願いします。

みわ鍼灸整骨院は、ぱーぷるmama+に

コラムを連載しています。 奈良の子育て情報たっぷりアプリです 。

ダウンロード無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です