スタッフブログ

みわ鍼灸整骨院ブログ

ブログ一覧

「ピコット夏祭り」終わりました!

本日もありがとうございます◎

「お灸」も「ツボシール」も「こどもはり」も「TSUBOマッサージ」もたくさん来て頂きありがとうございます♪♪♪

クラフト出展者さんの肩がパンパンでした( >̶̥̥̥᷄д<̶̥̥̥᷅ )ものづくりはそれだけ気持ちがこもってるのですね(*ˊૢᵕˋૢ*) ・ またたくさん出会いもあり、お久しぶりもあり。ありがとうございました◎ ・ #お灸女子 #お灸 #円皮鍼 #ツボシール鍼 #ピコットの夏祭り#かつらぎの森#肩こり#マッサージ #セルフケア#葛城#夏休み #出張カラダメンテナンス準備中 #こどもはり#小児はり #せんねん灸セルフサポーター #なら #鍼灸師

子供に「どうして出来ないの?」と思ってしまう事ないでしょうか?

夏も後半戦。子供が家にいたり、お盆で実家に帰ったり。。少しいつもと違う日常を送られてる方も多いと思います。

夏休で子供が家にいると、「どうしてできないの?」と思ってしまう事はないでしょうか?

そんな気持ちが、出てくると言うことは自分がしてほしい事やこうなって欲しいと思ってる事があるという事。

「こどもはり」には小学生もたくさん来られます。一学年事に大きく成長する時。今までより少し信じて見守る事が大切だなと感じます。

先日来られた小五の女の子。「いつもイライラして、何を考えてるのわからない」とお母さん。はりをしながら話すると、とっても可愛いその子は自分の気持ちを言えて、しっかりと考えられる素敵な女の子。

親は「どうしてできないの?」と自分の思ってしまう。して欲しい事が出来てないと「ダメ」だと思ってしまってないですか?私も反省したりします。

どうやっても親目線はやめられません。そうではなく自分の子供の時どうだったかな?逆の立場なら言われたどう思うかな?と自分を省みたり、寄り添う事はできるように思います。

2回目に来られた時にお母さんが「次にはりに行くの楽しみしてました!先生の事大好きなようです」と言って下さり、とても嬉しい気持ちになりました。口下手な子供さんも、来る度にお話してくれるのが増えてとても可愛くて嬉しいです。

「こどもはり」で心がけている事。お母さんの気持ちや想いを聞くこと。同じくらい、子供の気持ちを聞く事。どんな事を考えて、どんな事に興味があって、どんな事がしたいのかな?など、関心を持って接しております。初めは目を合わせてくれない子も、ふてくされた子も、すぐに「めんどくさい」という子も、いやがる子も、私も同じような時があったなと言う目で見ると可愛く思います。その心の奥にある「モヤモヤ」と戦っていて答えを探しているんだなと感じます。その自分探しの途中を見守りながらも、乗り越えて行くのは親や大人のサポートが必要だと。子供にとって1番大好きなお母さんとの会話や触れ合いなどのコミュニケーションが大切だなと感じます。

親もそうですが、子供も「できるかどうかは自分が決める」もの。相手に伝えたい時は、アイ(自分)メッセージで、私はこう思うと伝える事が大事だと思います。

「こどもはり」に連れて来られたお母さんが帰りに「頑張ります!」と言われました。「頑張らなくていいです。こんな素敵な娘さんを育てられてるのですから。そのままで大丈夫です!」まずは、お母さん自身が笑顔になれる選択をする事からなのかなと思います。健康であればこそ子供と喜怒哀楽を共有できます。夏バテしやすいこの時期、自分の体調を整える事に目を向けてみてはどうかなと思います。

『ラテアート体験で楽しい夜会』

ツナグ×cococoffee(*ˊૢᵕˋૢ*)

楽しいcoffee夜会『ラテアート体験』☕️の時間はあっという間♪♪♪

☕coffeeの奥深さを少しだけ知ったような気がします◎

新しい事をしたり、専門家に習う事ってとても楽しい♪♪♪

見てるのと、やってみる事は違う。子供達にもなんでもやってみて欲しいな(*ˊૢᵕˋૢ*)

#cococoffee #ラテアート#楽しい夜会#スヌーピー?#ドラエモン? #夏のイベント #やってみよう #鬼難しいけど楽しい #明日はイベント

『愛情不足でしょうか?』

「愛情不足でしょうか?」

こどもはりに来られたお母さんの言葉。子供がわがまま言ったり、イライラしてるのは自分のせいかもしれない。。そんな風に思ってるお母さんに愛が無いわけありません。大丈夫ですよ!愛がある事は自分が1番よくわかってるはずです。

心の中に“してあげれてない”と思う気持ちがあるんだと思います。私も同じ気持ちを持っているのでわかります。それを指摘されると心が痛みます。

なぜか、他人の良い事や、とりわけ悪い事はいろんな事が目につきます。人は全体を見ずに、その事柄だけを切り取って意見します。そんな意見は重たく受け止めないように心がける事が大切かなと思います。

「お母さんは〇〇ちゃんが大好きなんだよ!」と言うと子供はとっても嬉しそうな顔したりうなずいたりします。普段は何かで愛情を何度も確かめてるのかもしれません。子供はパパやママの事が大好きなんだなといつも感じます。

子供や夫婦関係や仕事などの人間関係など悩みはつきません。きっと解決できるのは自分しかないのでしょう。自分の気持ちを本当にわかってもらえる事は希だと思います。でも、その悩みや痛みを分かち合う事はできます。そんな分かち合える人が近くにいると乗り越えられる事も多いのではないかなと感じます。そういった地域の子育てコミュニティーや活動がたくさんあります。

私もこどもはりを通じて小さくてもそんな場所を作れたり、発信できたらと思っております。私が出来てるわけではなく、同じ子育てママとして悩みを分かち合う事ができるのではないかと思っています。お互いがリラックスできる『触れる』という事。体のツボに触れる事で優しくなれる親子や夫婦での『ツボコミュニケーション』のお話をしたりしております。ご相談くださいね!

20170810-231324.jpg