『真に受けるのをやめてみませんか?』

「真にうける」のをやめてみませんか?

「冗談やん!」って言われてもしんどい時は冗談通じません!!!!

真面目な人ほどこれは大事だなと思います。無意識に、家事・育児などする事を自分に課してるように思います。自分でする事背負って、下ろしての繰り返し。下ろせなくなって重さで潰れてしまうまで頑張ってしまう。そんなしんどい時ても、しんどさを見せないように頑張ってる時は冗談は通じません!

でも、夫や子供はそんな背負ってるのわからないし、下ろしたらいいやんって言うかもしれません。。。

性格を変える事はできません。変えなくていいんです。でも、心が潰れないような方法に変える事はできます。私自身はする事の量よりスムーズにこなせている事が心の安定につながってる気がします。今している家事や仕事をもっと簡単にスムーズにこなせないだろうか?といつも考えています。

まず、いらないものを整理してみよう!

人それぞれ方法は違うと思いますが、自分の性格も考えて、気持ちが良いと思う事から動いてみて、その後からでも落ち込むのは遅くないと思います。動いてみると、なぜか環境が変わっていったりするのを感じます。

大事なのは、出来てないけど、もう少しいい方法はないかな?昨日より今日、今日より明日は楽しみたいな。「失敗とか出来てない事はダメなことじゃないよ!でも、次する時は少し工夫したり考えてしてみる事にしてみて」と子供達に言ってます。まず、なんでもやってみて欲しい。大人も子供もその繰り返しだと思います。

人の言葉を「真にうけて」心に刺さる時は、本当はしたい事を出来てないのかもしれません。出来てなくてもいいんです。少しゆっくり深呼吸して、私は少しづつ前に進んでると考えるようにしみてはどうでしょうか?

20170712-214745.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です