『家族のカタチ』

『家族のカタチ』
いろんな家族がある。どれがいいと言うのではなくて、自分が自分や家族とどう向き合うかが大切だと思ってます。羨ましいと思ったり、それは違うって思うのは、自分目線。

今日1歳の孫を連れておばあちゃんがこどもはりに来られました。ママが仕事で遅いので、保育園にお迎えに行った帰りに。そのおばあちゃんの孫の為に何かしてあげたい、ママがいてなくて寂しい思いをいているのではないかと、不安と心配な顔をされていたのが自分の時と重なりました。
私が2人目を産んだ時は自営の為、早くから仕事復帰しておりました。子供に何もしてやれないしんどい気持ちで顔も曇っていたように思います。私も私の母もこんな顔していたように思います。ある時に母に『私は大丈夫。子供も可哀想なんて思わないで。私が楽しく、いろんな事を悩みながらも前向きに進んでく姿を見せた方がいいと思うから』そう自分に覚悟して向き合う事で前に進もうと決めました。その時も今も母には心配かけてごめんね。心配してくれてありがとうと感謝の気持ちでおります。

大変かどうか決めるのは他人でなくて自分自身。自分が自分や子供、夫、今の生活、将来。。いろんな事と向き合うのが一番しんどい事。時々まわりの景色を見ては羨ましかったり、へこんだりします。でも、自分や子供との事は逃げれないから、向き合わないといけない事は分かっているからしんどくなる。「仕事復帰したいな」「何もしてくれない夫」「お金の心配」「健康の不安」「子供の成長」など、それぞれに悩みを抱えておられるのをお聞きします。いろんな悩みと向き合って、どうしたらいいのかを素直な気持ちを話せて、知恵やヒントがもらえる場所があればいいな。

お母さんが笑っていられる。そんなお母さんを見て子供たちも笑う。笑いは伝染しますよね!そんなシンプルな事が出来たらいいなと思っております。

これからいい気候になってきまね!子供達と近所の草花を見て散歩しました。何気ない日常がとても嬉しく思う今日この頃です。今日もありがとうございます!

20170424-224040.jpg

『わるい事をしたらすぐごめんとあやまろう』

みわたえこです。いつもありがとうございます。毎日お疲れ様です。子育てコラム更新しております。

『悪いことをしたらすぐごめんとあやまろう』

小学校の時にそんな標語を作ったことがありました。それが思いのほか褒められてとまどった事があります。

そんな当たり前であるような事ができない大人や子供も多いも思います。

悪い事ではなくても、相手を悲しませたなと思ったらごめんね!と言えればいいけれど、できない時も多々あります。素直でいることは難しい。可愛いmamaや可愛い妻でありたいけれど、実際はイライラしたて怒ったり、こわい顔してる!なんて言われたりする事が多くなってきたり。。こんなに頑張ってるのに誰にもわかってもらえない、認めてもらえない。。そんなやりきれない気持ちが素直さを奪ってしまってるように思います。

悪い事だけを切り取ると、すぐ謝るべき事でもその奥にはたくさんの気持ちがあります。そんなとこまでわかってくれるパートナーや子供や友人は稀で、結局自分の嫌な部分と向き合うことになります。

『ごめんね』『ありがとう』心からの言葉が自分や相手を救うことになります。まずは、相手の話を聞けるような『自分の体と心作り』が大切だなと思います。体も心も余裕がないと、相手の話なんて入ってきません。

人は必要とされたり、自分のい心地の良い居場所があると頑張れたり、穏やかでいれるように思います。子供にとってそんな場所作り(家庭)ができたらと思っております。実は家族にはとても必要とされている存在なんだけど、実感がないからモヤモヤします。時々確かめたくて怒ったり、ふと見たり聞いたりした言葉に心癒されたりする。きっとその繰り返し。ずっといい人でなんていられない。でもそれでいい。そうやって繰り返していくと、自分の大切な人やモノがわかってくるように思います。

とても嫌な自分が出て来た時は、自分と向き合う時なのかな。みんな不安の希望を抱えながら過ごしているから、そのままで大丈夫です!同じ過ごすなら少しでも楽しくて笑顔でいれたらいいな。そんな知恵と少しの勇気を共有できる場所が大切だなと思います。

当院では、子供連れて来られるmamaも多いです。体だけでなく、mamaや子供のお話もお聞きしますよ!いつもコラム読んで頂いてありがとうございます。少しでも心が軽くなったり、また明日からはこうしてみよう!と思える発信ができれば嬉しく思います!

今日を大切に。笑顔でいれる日でありますように!

20170328-004306.jpg